自己破産して家がなくなるのに賃貸の審査に落ちる!?


親が自己破産して、只今実家売りに出しています。
父母の仲もヒビがが入ってきており
母は一人暮らしを希望しています。
しかし…

自己破産したら賃貸を一人で借りられない!?

不動産屋さんに行ってみたのですが
最近は保証会社の利用が条件になっている物件が非常に多い!!
しかも保証会社は信販系がほとんどです。

信販系では自己破産していては無理です。
審査には通りません。
クレジットカードの利用と変わりませんからね。

保証会社も大家さんが決めていることがほとんどなので
こちらで信販系以外のところを指定することも出来ません。
そうなると、契約者を母以外の人にする必要があります。

しかし、基本は契約者=居住者なんだって…
母は正社員ですが年金をもらう歳なので高齢を理由に
契約者を長男である私の兄にするように交渉しました。

高齢ということでOKが出ました。
これが高齢ではないとなかなかOKが出ないらしいです。

それはそうですよね。
自分の名義で契約できないような怪しい人を住まわせたくはないですよね。
大家さんの気持ちになればそういうことも理解できます。

保証会社を利用しない物件ももちろんありますが
そちらは保証人が必要です。
だから、どちらにしろ一人では借りられません。

親のことなので保証人になるのが嫌だとか言ってられませんが
うちの兄は保証人も契約者も嫌がりました。
「何かあったら責任取れない」と。

何かってなによ。
火事は保険に入るし、家賃はたったの3万円台、
払えなくなったら解約すればいい話。

あまりにも冷たいなと思いました。
自分は部屋を借りる時に親に保証人になってもらってきたのにね。

自己破産するようなだらしない親のことは面倒見たくないのでしょう。

こうやって親子の亀裂も大きくなっていくんですね。
自己破産をしたら反省と再出発。
そう思っていたけれど、実際は簡単なことじゃないなって思います。
再出発を助けてあげられる人がいないと…

これからどうなるのか、心配です。
近日、実家を見に来る人がいるらしい。
ついに売れてしまうのか、複雑な気分です。